So-net無料ブログ作成

巨大噴火・地震目的で神戸大学が『鬼界カルデラ』を調査? やはり九州は危険なのか? [地震]




止まらない熊本の群発地震・・・日向灘からの南海地震等、九州方面での噴火・地震が取りざたされているが、鹿児島湾最深部自体が巨大なカルデラ爆発によって生まれた湾である・・・と言う過去の例から見ても・・・九州・沖縄方面が危険な地域であることを学者さん達は共通認識しているようである。


【巨大カルデラ噴火によって出来た鹿児島湾】

鹿児島.jpg



★巨大地震の秒読み段階に突入している危険地域をNHKスペシャル MEGA CRISIS が公開した?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-09-11-3



★日向灘地震と地球号行方不明にその関連性を見た? 南海トラフ地震の脅威。
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-06-08-2




スポンサードリンク








◆超巨大噴火・地震予測へ九州の海底調査が危ない(神戸新聞NEXT様)



神戸大学海洋底探査センター(神戸市東灘区)は16日、九州南方の海底に広がるくぼみ「鬼界(きかい)カルデラ」で、マグマが蓄積された部分(マグマだまり)の位置や規模、形を把握する調査を10月から始めると発表した。


鬼カルデラ.gif



今後100年で1%程度と発生確率は低いが、ひとたび起これば日本全域に甚大な被害を及ぼす「超巨大噴火」の予測を目指す。


マグマだまりの詳細なデータを集め、その状況を正確に把握することができれば、世界初という。


鬼界カルデラは鹿児島県の薩摩半島南約50キロに位置し、直径約20キロ。約7300年前、超巨大噴火を起こし、九州南部の縄文文化を滅ぼしたという。


同センター長の巽好幸教授(マグマ学)のチームは10月中旬から約2週間、大学保有の練習船「深江丸」で鬼界カルデラの地形を調査。その上で海底に地震計を沈め、船から圧縮空気を放って人工地震を起こす。地中(地殻)を伝わってきた地震波を観測し、マグマだまりの状況を解析する。


その後も、海底に地震計を残して監視を続け、来年以降も定期的に船を使った同様の調査を継続。蓄積した記録を基に、マグマだまりの状況を可視化できるようにする。将来的にはマグマだまりが大きくなるなどの変化を捉え、噴火の予測につなげる。


巽教授は通常の噴火とは違い、マグマ噴出量が40立方キロメートル以上の超巨大噴火を研究。


日本では過去12万年で10回発生したという。実際に起これば、火砕流や火山灰によりライフラインが断絶し、国内で死者が最悪約1億人に上ると想定する。


鬼界カルデラで調査が成功すれば、陸上のカルデラにも応用可能。巽教授は「発生確率が低いからといって何もしなければ被害は免れない。5年程度で結果を出し、減災に役立てたい」と話す。




スポンサードリンク








◆地震ネタの絶えない地域


過去のNHKスペシャルでも度々放送してる九州南部・・・沖縄・奄美大島・トカラ列島・・・今更、気が付いたのでしょうか・・・熊本の皆さんへの不安とならないニュースで・・・?


熊本地震の次は桜島が1日に噴火・バヌアツでもまた人工地震発生?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-05-01-2


★日向灘地震から南海トラフ地震は起きると公言しているNHKスペシャルに要注意?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-07-11-1


★NHKスペシャルが発表した次の災害危険地帯は鹿児島県『トカラ列島』?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2015-10-05


NHKスペシャルで次の人工噴火・地震の目標地域が分かる理由?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2015-09-28-2


南海地震のスロームーブの痕跡も確認されている日向灘・・・南浦のバヌアツ等の影響も確認されている九州南部の動向は益々目が離せなくなってきましあたね?




スポンサードリンク







kage


下記は応援している『みな』さんのサイトです。当サイトより無難・安全です。生活情報はお役に立つ・・・知ってて損のない情報かと思います。

最新のニュースと生活情報を知る
http://mi--ma.blog.so-net.ne.jp/

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました