So-net無料ブログ作成

北海道知事選に徳川家19代が急浮上? [日本の習慣]

現・高橋知事の参議院出馬に伴い徳川19代 家広氏が道知事選に
立候補する可能性が出てきました。



北海道知事選(3月21日告示、4月7日投開票)をめぐり、自民党
道連や道内経済界などに、政治・経済評論家で、徳川宗家19代目
の徳川家広氏(53)の擁立を目指す動きがあることが、11日まで
に分かった。自民党道連の関係者が白羽の矢を立て、1週間前から
東京を中心に、擁立に向けた調整作業が進められている。


徳川氏本人は意思を明らかにしていないが、政治・経済に常に関心
が深く、次期都知事選の候補にも名前が挙がる人物と目されていた。
旧民進系の関係者ともパイプがある。



【安心・安全DMMのFX】
全通貨業界最狭水準のスプレッドで提供中!





スポンサードリンク






あなたの生活をお得にする情報が盛り沢山!





◆徳川19代 家広氏の経歴


徳川氏は1965年、東京都生まれ。
小学1年から3年までは米国で過ごした。慶応義塾大学経済
学部卒、米ミシガン大学大学院で経済学修士号を取得。現
在は政治・経済評論家、翻訳家として活動している。


複数の関係者によると、徳川氏は首都圏での大地震などに
備え、グローバルな視点で、北海道に首都の補完機能を持た
せることを主張。仮に出馬する場合は与野党ではなく、「道民党」
として出馬するとの見方が強まっている。


知事選の候補を巡っては自民は道連の吉川貴盛会長らが
鈴木直道夕張市長(37)を軸に調整を進めている。
和泉晶裕国土交通省北海道局長(57)を推す声もあり、
調整が難航している。


野党側は立憲民主党の逢坂誠二衆院議員(59)が10日に不出馬
を表明、同党の鉢呂吉雄参院議員(70)に出馬要請する方針だ
が、本人は出馬を否定している。



◆高橋現知事は参議院に出馬 (毎日新聞様)


北海道の高橋はるみ知事(64)=4期目=が15日、来春で知事を
退任し、来年夏の参院選道選挙区(改選数3)に出馬する方針を
正式表明した。


自民党道連は後継に夕張市の鈴木直道市長(37)を調整し、
野党では国民民主党道連の徳永エリ代表(56)、立憲民主党
の鉢呂吉雄元経済産業相(70)ら複数候補が浮上しており、
知事選は16年ぶりの与野党の新人対決になる。




スポンサードリンク







初回入会から30日間無料お試し!
30日無料のツタヤさん。観る価値有り。
ネットで買い物するならcolleee
世の中、こういう時代なんでしょうね?
ここを経由するだけでポイントが溜まるのです。
アナタにぴったりのおトクが見つかる。【au スマートパス】
KDDIさんのお得情報



kage

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント