So-net無料ブログ作成

日本海溝の危険・311の再来を予知する日本政府? [日本の習慣]

太平洋側に長く伸びる海溝を日本海溝と言うのです
が、北米プレートの歪が沈み込むところが日本海溝
であり、日本の地震活動と大きく関係しているので
す。


東日本大震災も震源はこの日本海溝だったのですから
軽視はできないですね。




日本海溝の亀裂
https://www.youtube.com/watch?v=ZAidW9t6f9Q


スロースリップは大地震の前兆
https://www.youtube.com/watch?v=2EReI1NBDn0


311の震源
https://www.youtube.com/watch?v=3AvrVNO2DWE

311が再来するすると言っているのです。


NHKニュース様
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190226/k10011828651000.html


東北から関東の沖合にかけての「日本海溝」沿いで
今後30年以内に発生する地震の確率について、新た
な評価がまとまりました。政府の地震調査委員会は、
東日本大震災をもたらしたような巨大地震の確率は
「ほぼ0%」とした一方で、マグニチュード7クラ
スの大地震が発生する確率は最大で90%程度以上あるとして警戒を呼びかけています。

311東日本大震災は、HAARPと海底原子爆弾攻撃か?
https://www.youtube.com/watch?v=-Gryc3fv9UI&t=71s




震源は米軍の訓練空域であり、日本は何も出来ないのです。
\


◆日本海溝とは? (百科事典マイペディア様)


EFBD90EFBD90E58C97E7B1B3-0427d.jpg


本州東方の海溝。北は襟裳(えりも)岬沖で千島・カム
チャツカ海溝と接し,この接合点の海溝軸に襟裳海山
がある。


日本列島の太平洋側沖合いに連なる海溝。かつては
千島から伊豆,小笠原諸島沖合いまでの全体を呼んで
いた。


日本海溝 - Wikipedia様

日本海溝(にほんかいこう)は、東日本沖の太平洋底
に海岸線にほぼ並行して存在する海溝。 北は北海道の
襟裳岬沖で大きく東に曲がって千島海溝へと続き、
南は房総半島沖でやや東に曲がり、伊豆・小笠原海
溝へ続く。




スポンサードリンク







◆311の再来を警告する日本政府


最近、やたらと大地震を警告するような記事が多い
のですが政府の地震調査委員会は、青森県東方沖か
ら房総沖の日本海溝で将来起こる地震の発生確率を
見直し、26日に公表した。大きな被害をもたらすマ
グニチュード(M)8級の地震が全域で高い確率とな
っており、調査委は「『東日本大震災があったので
もう大地震は来ない』という考えは誤解」と警戒を
呼びかけた。また、南海トラフなどで起こる全国の
海溝型地震について、危険度が国民に分かりやすい
よう、発生確率を4段階にランク分けした。




スポンサードリンク








◆東北・北海道に迫る危険



日本海溝・千島海溝沿いの巨大地震モデル検討会
について日本海溝・千島海溝沿いの海溝型地震に
対する防災対策を「日本海溝・千島海溝周辺海溝
型地震対策大綱」等に基づき政府全体で重点的に進め
てきたところであるが、中央防災会議「東北地方太平
洋沖地震を教訓とした地震・津波対策に関する専門調
査会」報告を踏まえ、最大クラスの地震・津波を想定
した対策の見直しを行う必要がある。
そのため、過去に発生した日本海溝・千島海溝沿いの
海溝型地震に係る科学的知見に基づく各種調査結果に
ついて、防災の観点から幅広く整理及び分析し、想定
すべき最大クラスの地震・津波断層モデルの設定方針、
同モデルによる津波・地震動の推計等の検討を行うこ
とを目的として、理学・工学等の研究者から構成される
「日本海溝・千島海溝沿いの巨大地震モデル検討会」を
開催するものである。





スポンサードリンク








初回入会から30日間無料お試し!
30日無料のツタヤさん。観る価値有り。


ネットで買い物するならcolleee
世の中、こういう時代なんでしょうね?
ここを経由するだけでポイントが溜まるのです。

アナタにぴったりのおトクが見つかる。【au スマートパス】
KDDIさんのお得情報

【安心・安全DMMのFX】
全通貨業界最狭水準のスプレッドで提供中!



kage
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント