So-net無料ブログ作成

巨大地震の前兆地震はフィリピンや台湾で起きているのに無視する日本人? [地震]

連休で海外に出かける無防備日本人ば多いのですが、
日本の治安の良さが世界的にみると異常なのです。



この異常に中々気付かない日本人・・・スリランカのような
事件はどこでも起こる可能性があるわけです。
ヨーロッパもテロで大変危険が時期ですが・・・。


外務省 安全情報ホーム
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/agree.html



地震に対する危機管理も同様です。

東日本大震災311の時もニュージーランドやインドネシアで
地震が発生していたのです。


学者は自身で解明されていない理論は公表しませんが、アジア
の地震と日本の関連は彼らがわかっていないだけなのです。

seismicitymap1900-2010p



<hr>
スポンサードリンク
<script async src=
◆アジアで起きている前兆地震 マニラから約80キロ離れたクラーク国際空港は、天井が崩壊したため 閉鎖された。ビルや家屋内に居た人々は、大きな揺れに気づき避難し た。マニラ市内の鉄道も運行を停止し大規模な渋滞が発生した。 フィリピンでは今後も大規模な地震の発生が懸念されている。政府はメト ロマニラを直撃する恐れがある巨大地震を 「ビッグワン(the big one)」 と呼び、対策を呼びかけている。フィリピン諸島は世界で最も地震活動が 盛んな環太平洋火山帯の一部だ。 環太平洋火山帯は、太平洋の周囲を取り巻く火山帯で、世界の地震の9割 はここで起きている。これらの地域では海洋プレートと大陸プレートが衝 突し、重い海洋プレートが沈みこむことで地層の褶曲(しゅうきょく)が 起こり、火山活動や地震の原因となっている。 メトロマニラは約97キロに及ぶウエストバリー断層(マリキナ断層)の 上に位置しているが、この断層は400年ごとに動くとされている。前回の 巨大地震の発生は1658年のことで、専門家は新たな巨大地震がいつ襲って も不思議ではないと警告する。 想定される地震の規模は最大マグニチュード7.6という巨大なもので、 3万5000人が亡くなり数百万人が被災すると予測されている。今回 の地震は比較的小規模なものではあったが、フィリピン政府や現地 の人々は、ビッグワンの発生に備えて警戒を続けている。
スポンサードリンク
kage

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント