So-net無料ブログ作成

台風18号の進路・ワールドカップラグビー中止の可能性 [スポーツ]

前回の台風17号と同様のルートを辿るようですが、前線を刺激する
模様でありm大雨に注意も台風です。
進路は下記の要ですが上記のように大雨を伴います。


WM_TY-T1915-V2_20190907-180000.jpg



台風18号は発達しながら北寄りに進み、30日(月)の夜にかけて
暴風域を伴ったまま強い勢力で沖縄の先島諸島に接近する見込み
です。
先島諸島では、30日は猛烈な風が吹き、猛烈にしける予想です。
暴風やうねりを伴った高波に厳重に警戒し、大雨による土砂災害
や低い土地の浸水、河川の増水に十分注意してください。
沖縄本島地方でも、30日は南東の風が強く吹き、大しけとなる見
込みです。

その後台風は東シナ海を北上し、次第に進路を北東に変えて、10月
2日(水)には西日本へ接近する見込みです。さらに、3日(木)から
4日(金)にかけて温帯低気圧の性質を帯びながら日本海を東北東に
進むでしょう。

今後も最新の台風情報に注意してください。

ラグビーワールドカップ日本大会の組織委員会は、台風の影響で、
来月2日に福岡市で予定されているフランス対アメリカの試合が
開催できない可能性があると発表しました。

これは、大会の組織委員会が29日、発表しました。それによりま
すと、来月2日に福岡市の博多の森球技場で予定されているフラ
ス対アメリカの試合が、日本に近づきつつある台風18号の影響で
開催できない可能性があり、両チームに伝えたということです。

最新の情報では、台風の予想進路が日本沿岸から遠ざかりつつあ
り、影響のリスクは減少しているもようとしていますが、観客や
チーム関係者の安全面などを考慮して最終的に中止するかどうか
判断するということです。

1次リーグでは試合前に中止が決まった場合は翌日以降への延期は
なく、両チームとも引き分けの扱いになります。





スポンサードリンク








kage



nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント