So-net無料ブログ作成

江戸っ子ワールド! 2019/02/10 [日本の習慣]


nice!(3)  コメント(0) 

心筋梗塞で倒れた男が語る危険な初期症状は? [健康・薬]

息苦しくなるのがその最たる症状のです。
塩分濃度を下げるための水が体内に溜まり呼吸に霜害を招く
わけですが、小生の場合はその典型だったようです。



p92-06.gif

ヒ-トショックで狭心症を発症し入院しておりました。
寒波の来襲する週末は厳戒態勢でと医者に厳重に注意
されました。

折角ですので倒れる前の具体的症状をご連絡致しますので
ご参考としてください。



◆倒れる前の症状はこんんあ感じだった


社会のストレスか・・・30代でも起こす日本での三大疾病の
一つが心筋梗塞・・・狭心症なのです。


多少・短時間でも心臓に苦しみを覚える方は医者に行った方が
無難ですが・・・この段階では『異常なし』と言われる所が
悩ましい所です・・・実は小生も検診は受けていたのですが・・・。



◆体内の塩分濃度を調整している人体


人間の体は体内の塩分濃度が濃くなると水分を出して塩分の濃度を
を下げるのです。
この指令を出す所が心臓と心臓からの血液なわけで、水分が溜まると
外部に排水すべく・・・尿意が発生するわけです。
心臓の薬を飲むと尿意が増すのはこれが原因だったのです。


小生の場合・・この排水が旨く行かず、水分が体内に溜まり、
寝ている時に息苦しくなりました。
起きると治るわけです。(肺に溜まった水が下方に移動するため
呼吸がしやすくなる)


数日後、起きても『息苦しくさ』が止まらず・・・・呼吸も
難しくなり・・・・病院に運ばれた次第です。


水が肺に溜まるようで、息苦しさの原因はこの水が肺に溜まる
ことが主たる原因だったようです。小生の場合です。


大寒波のくる週末は寒暖差と同様、水分の外部放出に留意したいと
おもいます。
塩分の多いカップ麺などは一日一回を限度にしましょう。




スポンサードリンク










◆入浴中に17000人が死ぬ病気


ガン・心筋梗塞・脳卒中が3大成人病と言われています。
冬は、裏側に、あなたの血管を傷つけるおそろしいリスクがある
ことはご存知でしょうか。
冬の血管リスクを知って予防意識を高め、今年の冬を健やかに過ご
しましょう。


冬によくある過ごし方には、血管リスクがたくさん潜んでいます。
まずは暴飲・暴食。みんなで集まって食事をする機会がどうして
も多くなり、暴飲・暴食してしまうこともあるでしょう。暴飲・
暴食は血管に悪影響を与えるだけでなく、塩分の摂りすぎは血圧
の上昇にも関係しています。次に運動不足。気温が下がると、外
での活動がおっくうになり、寝正月で過ごしてしまうなど、運動
不足に拍車をかけてしまいがちです。運動不足も、血管に悪影響を与えてしまいます。
毎日を健康的に過ごすには、血管に負担をかけない生活を心がけ、
きちんとケアすることが大切です。寒い冬こそ気をつけたいヒート
ショックです。


最近特に注目されているヒートショック。暖かい部屋から冷えた脱衣
所や浴室、トイレに移動する時、急激な寒暖差によって血管が縮んで
血圧が急上昇する、ヒートショックという現象が起こることがありま
す。

シャワーでお湯を溜める方法が結構有効的でした・・警報装置に気を付け
ましょう。


血管や心臓は急激な温度変化による負担に弱いものです。
ただでさえ気温が低下して血圧が上がりやすいこの時期、冬の過
ごし方があなたの血管への負担をさらに大きくしてしまうのです。
日頃の生活の中で、血管に負担をかけている状況が無いか、意識し
てみて下さい。


https://calpis-wellness.shop/c/lp_shinayaka/?cid=PYW06


血管は、あなたの全身に、くまなく、栄養や酸素を運ぶという大変
重要な働きをしています。
しかし暴飲・暴食や運動不足が重なると、高血圧や脂質異常症、糖
尿病といった生活習慣病を引き起こしやすくなります。それらの生
活習慣病は、あなたの血管を傷つけ、傷が重なることで動脈硬化を
引き起こすリスクが高まります。動脈硬化が進むと、血管は、硬く、
狭く、詰まりやすい状態になり、その狭くカチコチになった血管は、
最後には、命にかかわる心筋梗塞や脳卒中、いわゆる「血管事故」へ
とつながっていくのです。


血管を「しなやか」な状態に保つことは、健康にとって大切なことなのです。



◆血管を「しなやか」に


のりが一番若返りに良いそうです。

血管をしなやかにするためには、生活習慣病対策が必要です。まずは、
食事と運動に気をつけることが基本です。
忘年会、新年会も多くなり、暴飲・暴食になりがちな時期ですが、食事
については、適量のカロリーと栄養バランスに配慮することが大切です。
特に、塩分は血圧を高める原因になりますので、摂りすぎには注意が
必要です。厚生労働省が定めた「日本人の食事摂取基準」(2015年版)
では、食塩摂取の一日あたりの目標量は男性8.0g未満
女性7.0g未満(いずれも18歳以上)と言われています。
運動については、忘年会や新年会が多い方は積極的に歩いて移動する、
エスカレーターではなく階段を利用するなど、負担の少ないところから
始めてみてはいかがでしょうか?

さらに血管への負担を減らすには、生活習慣を見直すだけではなく、
ヒートショックを防ぐことも大切です。


寒暖差による血圧上昇を防ぐために、脱衣所を含むお風呂場やトイレを
暖めておくことや、外出時にはマフラーや手袋などの防寒着を家の中か
ら着用しておくことなどが対策として挙げられます。
血管しなやか成分、「年齢ペプチド」をご存知ですか?


◆年齢ペプチド」とは?


血管しなやか成分「年齢ペプチド」は、乳酸菌研究の過程で発見
された乳由来の健康成分。
8週間摂取し続けることで血管の柔軟性が改善されることが実証さ
れています。




スポンサードリンク










初回入会から30日間無料お試し!
30日無料のツタヤさん。観る価値有り。


ネットで買い物するならcolleee
世の中、こういう時代なんでしょうね?
ここを経由するだけでポイントが溜まるのです。

アナタにぴったりのおトクが見つかる。【au スマートパス】
KDDIさんのお得情報

【安心・安全DMMのFX】
全通貨業界最狭水準のスプレッドで提供中!



kage

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース