So-net無料ブログ作成

スペイン・カタルーニャはユダ人の国家だった? 噴出する民族問題 [国際情勢]

ヨーロッパの民族問題がまたまた過熱してきました。英国同様・・・スペインも実は異民族の合体された国家だったのです。


1700年~1715年: スペイン継承戦争を負けたカタルーニャは自治権を奪われ、スペイン王国の州になる。カタルーニャ政府がなくなり、カタルーニャ語使用は公衆の場で禁止となる。 ...


【スペイン分裂の危機】 ロシアの放送局ですので公平な見解


https://www.youtube.com/watch?v=o9vVgsmcgOs
旗.png



旗-2.png




スポンサードリンク







【カタルーニャの魅力】
https://www.youtube.com/watch?v=Kt2foqKOi_I




◆独立闘争を続けるカタルーニャ


スペイン北東部カタルーニャ自治州の分離独立が争点となった自治州議会(135議席)選挙は27日、即日開票された。

選挙管理委員会は開票率90%段階の獲得議席予測として、マス自治州首相率いる独立賛成派の選挙連合が62議席、連合に参加していない極左系の独立派が10議席と発表した。

選挙連合は、選挙戦で「即時独立」を主張した極左系独立派と合わせれば過半数を制することになった。マス氏は支持者らを前に「われわれは勝利した」と述べた。



◆スペイン政府の対応


日本から東京というドル箱が消えたような国家となる危機に瀕しているスペインであり、カタルーニャ独立の住民投票は違憲と強行姿勢を貫いている。




スポンサードリンク









◆ユダヤ人の地域・州


世界の金融を牛耳るロックフェラーもこの辺の出身でしたが・・・フランス経由で米国に逃れたのです。

ユダヤ人ロックフェラーの故郷とも言える曰くつきの地域なわけです。

カタラニート(Qatalanit קאטאלנית)は、スペイン北東部のカタルーニャ地方やバレアレス諸島でユダヤ人によって話されていたカタルーニャ語の変種。別名、ユダヤ・カタルーニャ語。

言語としては初期のユダヤ・プロヴァンス語に近接しているものの、カタルーニャはプロヴァンスと違ってムーア人に占領されていたため、カタラニートの話者のコミュニティは、ユダヤ・プロヴァンス語の話者のコミュニティとは歴史的・民族的・政治的に永らく隔たっていた。カタラニートの黄金時代は12世紀初期に始まったが、1492年、ユダヤ教徒がスペインから追放されたことで終焉を迎えた。



◆ヨーロッパに忍び寄る混乱の危機


シリア難民の受入れもそうですが、英国スコットランドの分離独立・ドイツと混迷を極めてきているヨーロッパと言えますよね。


【不正選挙で途絶えたスコットランドの独立】
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2015-05-09-3



スペインは植民地を世界中に作りましたが、米国にフィリピン等を奪われた米西戦争等で非常に欧米先進国に反感を持っている国です。

日本が真珠湾を攻撃した時は、祭日のようにスペイン国旗を掲揚して日本の勝利を祝ったといわれている国家です。

ロックフェラーの故郷?でもあるカタルーニャ州・・・潤沢な資金援助をバックに相当の独立への動きが想定されますがスペインも必至です。この州が分離されめとスペインは崩壊します。

国債の償還も出来ずにデフォルトは確実なのです。

混乱するヨーロッパとそれを防ごうとする一波との戦いが見ものですね。



kage
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました