SSブログ

熊の出没を別の視点で見ると巨大地震の前兆現象か? [国際情勢]



小生も昔は山のぼりをした経験もあり、『山の掟』のようなものを人間も動物も共有しており、それが自然の掟として長く守られていることを知っています。


熊の嗅覚は犬の1億倍・・・人間の10億倍と言われていますので、マタギ達が猟をする時・・・・風上・下・・・も大切な作戦要因となるのです。


腹が減った位で『自然の掟』を破る熊では無いのではないかと『熊出没・襲撃』のニュースを見る度に日々疑問に思っていたのです。



◆自然の掟を厳格に守ってきた熊に何かか起きている?


熊がここまで人間の領域に出没し、人間を襲ったことがあったたろうか?


専門家は、山の食料不足・・・子供クマの急増により・・・食料を求めて・・・としているが本当だろうか?


【クマ出没情報ブログ様】 こう言うサイト様も出没している今日
http://sukeroku.blog55.fc2.com/blog-category-30.html


驚いたのは、相模湖方面の相模原市緑区ではラーメン店に体当たりするなどクマの出没が相次いでおり、17日午後6時半ごろ、同市緑区三ケ木地区の住宅地に出没した・・・というニュースであった。


北海道・東北・飛騨・九州の山間部ならまだしも・・・田舎とは言え・・・神奈川での出没・・・まあ青梅でも堂々と熊は出没しますが・・・。


熊・動物は、『自然の掟・摂理』と言う厳格な掟の中で生きており、少し位腹が減ったからと言って『自然の摂理を犯してまで人里に姿は現さない』のです。


特定地域において例外は勿論あるのですが、今年のように全国の熊が一斉に『自然の掟・摂理』を犯しているという異状事態なのです。


明らかに異状・・・というか・・・何かが起きていると勘ぐるのが妥当なのではないでしょうか?





スポンサードリンク










スポンサードリンク








◆クジラに現れる人工地震工作の形跡


クジラが潜水艦の爆撃音に近いソナー音に方向感覚を崩壊され、海岸に打ち上げられることは有名で、先日もインドネシアで30頭のゴンドウクジラが打ち上げられたのです。


その後、当ブログでも指摘した通り、バヌアツ地震やフィリピンでの噴火が発生したのです。http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-06-17-2


このように人間が人為的に何かを画策した結果・・・自然界の生き物に変化が現れるわけで・・・前兆現象として軽視するわけには行きません。


冒頭でも書きましたが、熊の臭覚は犬の1億倍・・・人間の10億倍と言われている程、敏感な生き物なのです。


掘削ドリル等で山中を揺るがして熊の器官を犯してしまったのか? HARRP等による電磁波で何かの実験を行っているのか?
どちらにしても熊を『凶暴化』させる手段に出ていることは間違いないのです。


その原因として『地下・断層』で巨大な動きを生じており、恐怖におののいた義理がたい熊が『自然の掟を破り』人里に出没しているとも解釈できます。


この地殻・断層の異状を察知した熊・・・という節は・・・日本中が地震の危機に瀕している昨今の日本の状況を指摘している小生のプログ内容とも合致しているのです。


熊の出没と人間襲撃だけに目を奪われがちな報道の発表ですが、一歩引いて・・・地下・地殻で何かが起きている・・・という観点でこの熊関連ニュースを注視する必要があるかと思いますよ。



◆万が一の場合の熊対策


高尾山にも多くの素人が出没する今日・・・知っていて損はないでしょう・・・万が一の熊対策。


熊は気の小さい性格である。


しかし、TV等の報道では熊に襲われた映像が公表されその攻撃性ばかりに注目が集まりがちだ。


しかし、本来気の小さい熊は人間と遭遇しパニックになってしまし目の前の人間を攻撃してしまうのだ。


熊にしてみれば正当防衛というわけだが、人間にしてみればたまったものではない。


この事から、もし熊に遭遇したら、気の小さい熊を脅かさないような行動を心がける必要がある。


間違っても。熊に石を投げたり、死んだふりをしないようにしてもらいたい。


石を投げる行為は、熊をパニックにさせ攻撃を受ける可能性がある。


死んだふりは絶対にしてはならない。


死んだふりをして、助かった事例もあるが、熊は倒れているものでも爪で引っ掻いたり、噛み付いて振り回したりする。このような事をされないためにも死んだふりは絶対にしないようにして欲しい。


具体的に説明すると・・・。


熊の存在に気付いたらまず距離を取るように心がけよう。


熊がこちらの存在に気づいていないようなら、気付かれないように距離を取り逃げよう。決して走ったり、大声を出したりしないようにしよう。


気づかれていないのなら、逃げられる可能性は飛躍的に高くなる。


もし、熊に自分の存在を気づかれてしまったらどうした良いのだろう?


その時は熊を見ながらゆっくりと後退りして距離を取ろう。必ずゆっくりと行動するようにしよう。


走ったり、大声を出したりすれば熊がパニックになってしまい襲われる可能性が高くなる。


走って逃げる事も考えないほうが良い。野生生物の身体能力を甘く見ないほうがいい。熊の走る速さは100mを7秒で走る事ができるのだ!のろまそうに見えてこの速度で移動してくるのだ!


人間最速でもまだ9秒を着ることが出来ないのだ!この事からも走って逃げる事は無謀な行為なので決してしないようにしよう。


もし、近距離で熊に遭遇したしまった場合はどうしたら良いのか?


その時も基本は同じで熊を見ながらゆっくりと後ずさりすること。それにプラスして、手荷物があれば小出しにして熊の注意をそらす事も有効なようだ。


しかし、絶対に安全な逃げ方はない。貴方が遭遇した熊が既に人間と遭遇うしており興奮している場合も十分に考えられるからだ。


もし、熊に襲われてしまったらどうするか?


そうなったら必死に抵抗するしかないだろう。過去にスリッパで抵抗したら熊が逃げて行ったという例もあるようだ。しかし、奇跡的に助かったと考えるほうが正解だろう。


熊の攻撃は急所を狙ってくるので首や腹部を守れるような姿勢で身を守る事が大切だ。


しかし、熊に遭遇したら無傷ではすまないだろう。


熊と遭遇しない方法として代表的なものをいくつか紹介する。


熊よけの鈴をつける、ラジオをつける、それらがないときは歌を唄うなどして熊に人間が居ることをアピールすると良い。
熊は人間がいる事を知れば、気の小さい熊は人間と合わないように熊から離れてゆく。


熊の存在に早く気づく事も重要なポイントになる。
熊の存在に気づく幾つかのポイントを紹介する。
足あとや熊の鳴き声、さらには臭いや熊の糞だと疑うものを見たり感じたりしたらその場を離れるようにしよう。


熊の臭いはクマ牧場などへ行く機会があったら意識して覚えるようにしよう。一度覚えれば忘れることはないだろう。



【熊と遭遇した場合の効果的対処法】
https://www.youtube.com/watch?v=sUeWCUBrZPY


【怖すぎ】熊に捕食された男性が撮った写真が怖すぎる(クマ)
https://www.youtube.com/watch?v=8Eppnsfw21w


kage


下記は応援している『みな』さんのサイトです。当サイトより無難・安全です。生活情報はお役に立つ・・・知ってて損のない情報かと思います。

最新のニュースと生活情報を知る
http://mi--ma.blog.so-net.ne.jp/

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました