So-net無料ブログ作成

江戸っ子ワールド! 2019/06/10 [日本の習慣]


nice!(1)  コメント(0) 

トランプはエホバの証人・キリスト教保守派の正体? [日本の習慣]

中絶した医者は懲役99年とレイプ犯罪者より重いのは
バカげているとレディーガガ。

南部のアラバマでトランプの選任した判事はみなエホバの証人だったのです。


輸血も禁じているあの宗教ですね・・・みな手術・輸血を拒否し、
死にます。宗教って怖いですね。日本の創価学会の方がましですね。


そんなエホバの証人が今度は『中絶』を禁止したのです。


厳格なユダヤ教徒に恩を売って来年の大統領選挙
に勝ちたいトランプ大統領なのです。





スポンサードリンク







◆ニュース




スポンサードリンク










◆中絶法案が成立



妊娠中絶という問題は、社会においては積極的に語ることの少ない話題です。理由はともあれ、当事者には極めて重い選択ですし、また当事者以外には理解することが難しいからです。

ところが、世界の中でアメリカだけが例外となっています。福音派を中心とした、
いわゆる宗教保守派の中には、「妊娠中絶を禁止したい」ということに極めて
積極的なグループが存在するからです。


このグループの活動が活発化しています。例えば、アラバマ州では5月14日に
あらゆる妊娠中絶を禁止し、行われた場合は女性と医師を厳罰に処すという
法律が可決成立しています。しかも強姦被害や近親者による妊娠も「例外と
せず」という厳格さです。ミズーリ州の場合はやや条件が緩和されています
が、同様の法律が可決の見込みです。




当選当初は反ユダヤも旗手を演じてクリントンを揶揄していたのですが。
今は。宗教色をたっぷり・・・東京都ランプの支持基盤の一つが日本では余り
報じられないエホバの証人だったのです。



人類は猿が進化shたとするダーウィンの進化論を一蹴する一派です。



エホバの証人
170122trump-scope_eye.jpg



中間選挙では、支持基盤の一角が大統領や政党執行部に愛想を
尽かしたとき大きな波が起きることがある。

好例は2006年だ。民主党大勝の理由は、原理的福音派の「キリスト
教保守」と自由至上主義で小さな政府を目指す「リバタリアン」の2集団が、ブッシュ息子政権を見放したことにある。いわば共和党連合の自壊だった。

財政保守のリバタリアンは、イラク戦争の泥沼化、対テロ作戦のための市民監視(愛国者法)に反対して、ブッシュ離れした。

複雑なのはキリスト教保守だ。2004年、ブッシュ息子大統領は、
宗教保守動員のために「同性婚を絶対に止める」と約束して再選した。
ところがブッシュ政権は彼らを便利な動員力としか扱わず、再選して
も信仰課題を優先しなかった。政策上の契約を反故にしたとして、宗教保守はブッシュ息子に落胆した。

キリスト教保守はある法則を学んだ。大統領本人のキリスト教徒としての敬虔さは何の役にも立たない。

これを見た後のトランプ大統領も学んだ。キリスト教保守だけは
大切にしないといけない。

ここに、本人は敬虔さとおよそ縁遠い大統領をキリスト教保守が支持
する構図が生まれた。


キリスト教も色々ですが、日本人には理解しがたい宗教の世界
エホバ
・・・米国大統領がエホバの証人・・・ユダヤ教の方が日本に近く
・・・。



これが先ですが・・・。進国・米国の実態なのです。
トランプ氏の娘とその夫はユダヤ教ですね。





スポンサードリンク








kage

nice!(2)  コメント(0)