So-net無料ブログ作成

二・二六事件の真相は日本のタブー? 99%の国民は知ってはいけない歴史の真実。 [日本の習慣]



JAL123便の記事は多くの方に読んで頂きました。誠にありがとうございました。

そのお礼を言っては何ですが・・・一回だけと言う前提で「99%の一般国民が知ってはいけない歴史の真実」の一つをご紹介します。


226事件を題材にしますが・・・その背後に何が隠されているかはご自身で想像してください・・・まだ小生は死にたくありませんので・・・。




スポンサードリンク







◆226事件の背後には皇室の確執


表向きは東北をはじめとした国民の困窮に青年将校が決起したとういうことになっていまが・・・実際は秩父宮雍仁親王(ちちぶのみや やすひとしんのう)・・・昭和天皇の実弟・・・が・・・安藤大尉を動かし、宮家がクーデターを起こしたというのが真実なのです。

諸説ありますが・・・下記が一番的を得ています。

【二・二六事件】
https://www.youtube.com/watch?v=omlnJLmcDYM


秩父宮の背後には有栖川家が・・・という話もあります。

あの温厚な昭和天皇が激怒し、首謀者を許さず・・・処刑した・・・この昭和天皇をここまで怒らせた原因は・・・長いこと小生の疑問の一つでした。


しかし・・・皇室内のクーデター、しかも弟・・・影に有栖川家・・・。

現皇后の美智子様が皇室に入った時も他の宮家から嫌がらせ?を受け・・・いろいろ騒がれる時がありましたが・・・その傾向は今日でも続いていることはご承知の通りですね。


◆先輩宮家の僻みか? 別に理由があるのか?


JAL123便事故で元日航の佐宗邦皇氏が核ミサイルによる撃墜と指摘し・・・故人となりましたが・・・この佐宗邦皇氏が明治維新時の混乱にかこつけて・・・長州がある画策を皇室に行ったと指摘しているのです。(余り真実うぃ知ってはいけないということです)

小生は言えませんので・・・下記動画をご参照ください・・面白い写真があるようですよ。

歴史のタブーに挑んだ佐宗邦皇さんを偲んで...
https://www.youtube.com/watch?v=Xk5oLfYjg9k

日本を乗っ取ろうとしていたグラバーを取り巻く長州の連中の中にある人物が映っているのです。

維新時の徳川家はけ慶喜ですが・・・その時の天皇は・・・と言うと・・・非常に影の薄い病弱の天皇だったそうです。




スポンサードリンク






◆血の濃いのを嫌う皇室

上記を知ると・・・伝統的宮家からすると・・・そのストレスも理解できますよね。

現皇太子・・秋篠宮・・・似ているようで・・・秋篠宮と佳子様の親子間の会話(親子喧嘩)には何ともほほえましいもので・・・人間・秋篠宮を見た思いがします。

お母さんは・・・元宝塚の加●さ●ら・・・これもタブーです。大手新聞社A紙の記者に聞きましたら・・・あっさり・・・ああそうだよ・・・とつれない返事をされました。

近親・・・に近い婚姻は避けないといけない皇室・・・これも何かわかりますが・・・皇室もいろいろご苦労があるようですね。

出自は別にして・・・天皇・皇室にふさわしい人柄をお持ちの皆様であり、何とか女性皇族の存続も含めて・・・その最適な繁栄を皇室典範を含めてご検討願いたいところです。

kage
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました